Xperia XZ2がダサい件について。

こんにちは!

 

皆さんはソニーモバイルから発売されている、XPERIAというスマートフォンをご存じでしょうか。

 

かつて、シリーズの一端末であるXperia Aが、サムスンのGalaxy S4と並びドコモのツートップとして看板を飾ったり、Xperia Z Ultra(ズルトラ)という端末がスマートフォンの常識を塗り替え、ファブレット(Phone×Tablet)という独自路線を開拓したりといった輝かしい時代がありました。

 

今回の記事では、看過し難い最近のXperia事情について語ります。

 

【目次】

 

 

 

私のXperia愛

 

私は、中学生時代は小遣いで安い白ロム(SIMカードの入ってない端末)を購入し、格安SIMを勝手に契約して毎月お小遣いの半分近くを犠牲にしてスマホを使っていました。家の方針的にもこれしか抜け道がなかったのです。

 

 

そんな私が高校に入学して、初めて当時のフラッグシップ機であったXperia Z5を契約してもらいました。

かねてよりXperiaシリーズに強い憧れを持っていた私は、感動のあまり元々あった端末でZ5の写真を撮りまくっていました。

 

 

そして四年経った今でも、たくさんのスマホが出ている中でこの機種を使い続けています。(キャリアはすでに解約して格安SIMに戻ってはいますが。)

 

そんなXperiaを我が子のように想い続けている私が最近思うことがあります。それは、

 

 

「最近のXperia、ダサいな」

 

 

ということです。

 

数学の授業中に、「XとYの交点……X、X、Xper…Xperia!」という状況に陥ったり、Fateの大事な場面で、「エクスカリバー…エクスカ、エクス、エクs……エクスペリアー!」という思考を巡らせてるほどの私の言葉です、間違いない。

 

 

 

Xperiaシリーズの進化と衝撃

 

 

Xperiaシリーズは、スペックはもちろん、デザインにおいても進化を続けてきたスマホです。

例えば、2011年に発売された、「Xperia ray」という機種を覚えているでしょうか。

もちろん当時においては洗練されたデザインだと思います。

しかし、現在の人がこれを見ても、

 

「古そう……」

 

といった感想を持つはずです。

 

そして、2013年に発売され一躍話題となった「Xperia Z」という機種。

かっこよすぎません??

 

もちろん、私の主観なので若干思い出補正も入っているかもしれません。

それでも、先ほどの「Xperia ray」と比較すると、より洗練されたデザインに進化していることは分かると思います。

 

ちなみに、「Xperia Z」を初代とするZシリーズにおいて共通するデザインコンセプトがあります。

それは、「オムニバランスデザイン」というコンセプトです。

まぁ平たく言うなら、板みたいなデザインということです。

 

私はこのZシリーズ時代が最もXperiaらしさ、SONYらしさが出ている時だと思います。

 

スペックもさることながら、他のシリーズにはあまり感じられなかった高級感も漂っており、他のスマホを寄せ付けないオーラ、満点です。

 

その後も順当にデザイン、スペックにおいて進化を続けましたが、売り上げが伸び悩んだため、Z5をもってZシリーズは終了しました。

 

そして、デザインのコンセプトを変更した、「Xperia X」以降の3世代は、インパクトには乏しいものの、Zシリーズの面影を残しつつスペックを上げていきました。

 

私も、そろそろ潮時かなと思い、次の最新機種しだいでは大学のバイト代で新端末を購入しようかと意気込んでいました……

 

Xperia事変

 

ある日、(Someday)私はネットサーフィンをしていました。(I was surfing the Internet.)そこで私は素晴らしい記事を見つけました。(I found the article that is great)「Xperia 新機種発売!!!」

 

Wow……これは来たな…ついにZ5ともおさらばして新しい時代へ行こうk………

 

Wha………What????

 

はい、これが「Xperia XZ2」の画像を初めて見たときの反応です。

 

「いや、これはおそらくAQUOS PHONEかARROWSのリーク画像と誰かが拾い間違えたんやで…」

 

数秒間そう考えた私を誰が責められるだろうか、いや、(略)

 

 

ここからはちゃんと真面目に書いていきます。

 

 

はっきり言って、フロントはともかく、背面は退化したようにすら見えます。

 

これがARROWSのデザインならまだ分かります。ARROWSはこういったデザインを貫き通してきており、それはそれでブランドで良いと思います。

 

ですが、XperiaはSONYです。SONYはいつからかわいいスマホを作るメーカーになったんですか?

 

 

…これ以上は書かないでおきますが、このままでは既存のXperia信者は寄りつかなくなってしまうと思います。5GにかけるSONYの戦略は分かりますが、Xperiaがここめでやってこれたのはデザインに定評があったことも一つの要因でしょう。

 

SONYがまた、AMAZING!なデザインを世に送り出してくれることを願い、この記事の締めくくりとさせていただきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です