【あらすじネタバレ感想】シノンが久々に!? SAO アリシゼーション War of Underworld 3話「最終負荷実験」

 「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の三話をAbemaTVで視聴したので、その感想を書いていきたいと思います!

 

※筆者は原作未読です。

 

 「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」を無料で見るならU-NEXT

今なら31日間無料トライアルやってます!

 

kapiokayakku.hatenablog.com

kapiokayakku.hatenablog.com

 

【この記事の目次】 

 

 

3話あらすじ

 サンディエゴのビルの一室、ミラーと呼ばれるアメリカ人の男は、フルダイブ機器「アミュスフィア」でVRソフト「ガンゲイルオンライン」を用いた戦闘訓練を行っていました。

 

ダイブ終了後、ミラーの元へ「NSA」の組織のエージェントがやってきて、ラースのSTL(ソウルトランスレーター)の奪取を依頼します。

 

合衆国にとっては、無人機にSTLで複製された魂を搭載され、東アジアの軍事バランスが崩れることは不都合であったのです。

 

ここまでが、オーシャン・タートル襲撃の経緯となります。

 

 

舞台は変わり、オーシャン・タートル内のメインコントロールルーム

 

クリッターとバサロは、システムへとログインできないことの責任の押し付け合いで小さな仲間割れ状態となりますが、ミラー大将が止めに入りました。

 

ミラーは、サブコンへの突入は時間的に厳しいことを悟り、とりあえずチームをまとめ上げます。

 

一通りアンダーワールド内の説明を終え、ヒューマンエンパイア側(人界)にダイブしてアリスを探し出すのは非現実的だと悟る一行。

 

しかし、ダークテリトリー側の高位アカウントにログインすれば、そこから人界に乗り込めることに気がつくのでした。

 

ダークナイトと、あらゆるステータスが謎に包まれたエンペラー・ベクタという高位アカウントにログインすることを決めたバサロとミラーでしたが、クリッターが妙な単語群に気がつきます。

 

それは、「final load test」というものでした。

 

kapiokayakku.hatenablog.com

 

 

一方のサブコントロールルーム側。

 

キリトは、セルフイメージを損なったせいで自我が薄れていますが、「誰かが許しを与え」れば元に戻るかもしれないと説明され、アスナがその役を買って出ます。

 

それを聞いた菊岡は、アンダーワールド内の人界が、ダークテリトリに侵略される「最終負荷実験」がもうすぐ行われると説明しました。

 

もし、ダイブしたアスナがダークテリトリ最果ての「ワールドエンドオルター」へとアリスとともに辿り着き、そのフラクトライトをイジェクトできれば良いのです。

 

アスナは、現実世界のシリカやリズを含む仲間に、アンダーワールドにダイブすることを伝え、いざダイブするのでした。

 

現実世界のシノンは、ユイからの連絡を受けてALO内にダイブします。

 

スイルベーンで、リズ、シリカ、クライン、エギル、シノン、スグ、そしてユイが集結し、ユイは、「もしかしたら皆の力が必要になる」ということを全員に伝えました。

 

そして、メインコントロールルームにいた襲撃者のうちのミラー、バサロもアンダーワールド内へとダイブするのでした。

 

ダークテリトリのオブシディア城では、リピア・ザンケールが、ビクスルと呼ばれる人へ、「公理教会の最高司祭が死んだ」ことを伝えます。

 

ビクスルは、この機に和平への意欲を示し、反対するであろう重鎮たちを斬ることもいとわないそぶりを見せます。

 

そして、リピアに嫁になってほしいと伝えるのでした。

 

しかし、そこに「玉座の間」が開こうとしているという知らせが来ます。

 

封印が解かれたその中にいたのは、現実からダイブしてきたミラーとバサロだったのです。

 

 

3話感想

久々にGGOが出てきましたね、回想ですけど。

この時代の人は、VRで戦闘訓練をするんですね、これに関してはもうすぐ現代でも実現するはず(もうしてるっけ?)なので妙な親近感あり。

 

なんと、襲撃の背後にはアメリカが絡んでいたのですね!

想像もしていなかったですけど、事実上は国同士の争いにまで発展していたわけです。

今までナーヴギアが出ようが、アミュスフィアが出ようが、オーグマーが登場しようが他国が絡んでくることはなかった(よね?間違ってたらコメントお願い)ので、妙なリアリティを感じました。

 

アスナがダイブすると言った冒頭のシーン、BGMに関して何か気づきませんでした?

そう、かのSAOシリーズ第一作、アインクラッド編のBGM「at our parting」が流れたんです!

これはとても喜びましたね、だってもしかしたらこの先、過去のBGMがそのまま使われる可能性だってあるわけでしょう?

おっちゃん並の懐古厨なので興奮気味でした。

 

 

SAO、GGOメンバー全員集結の図、素晴らしい

クラインとかもう見ただけで安心感感じますよ。

 

シノン地味に出番多かったよね、あの外人に襲撃されてなんか言われてたやつはなんだったんでしょうか?

 

 

3話も作画、ストーリー展開ともに素晴らしかったです。

 

来週はどんなストーリーが展開されるのでしょうか?

 

ではまた来週のSAO記事で

 

 

 

kapiokayakku.hatenablog.com

kapiokayakku.hatenablog.com

 「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」を無料で見るならU-NEXT

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です