【VRChat】UnityでOculus Quest向けワールドをアップロードしたのにQuest側で「Mine」の表示がない時の解決法!

f:id:kapiokayakku:20191124141804j:image

お久しぶりです、記事更新も1週間近く空いてしまうとなかなか重い腰をあげるのが難しくなりますね。  

 

今回の記事は、「VRChat」のQuest向けワールド作成で困っている人向けのものです。

 

具体的には、

 

VRCSDKやUnityはインストール済み。

 

SwitchPlatformでAndroidプラットフォームへの変更は完了している。

 

その上でアップロードしたのに、QuestのWORLD選択画面に自分のワールドが現れない!

 

という人向けです!

 

kapiokayakku.hatenablog.com

kapiokayakku.hatenablog.com

 

 

Questワールドが現れない理由は?

f:id:kapiokayakku:20191123230616p:plain

私の具体例をお話ししていきましょう。

 

Quest向けワールドを作成し、アップロードも完了、当然AndroidSDKはインストールしてSwitchPlatformしたし、1フロアの小さなワールドなので容量オーバーもありえない。

 

なのに、 いざ「Oculus Quest」を被ってVRChatを起動すると、ワールド選択UIに「Mine」の表示がないのです!しかも上の画像の通り、PCから見られるVRChatの管理者画面ではワールドがきちんと表示されていました。

 

まぁまぁこんなこともあるだろうとGoogle検索をかけるも、「Mine」がそもそも表示されないことに関してのトラブルシューティングが皆無。

 

ワールドの再アップロードを二回試すも状況は変わらずでした。なので、泣く泣くVRChatの公式サイトから「support@vrchat.com」へと英語で問い合わせをしてみました。

 

すると翌日、返事がありました。メールの内容は、「あなたのUnityのバージョンがQuest向けワールドのアップロードに対応していないから、Unity 2017. 4.28f1にダウングレードしてみて再アップロードしてください。」というものでした。

 

確かに私のUnityのバージョンは、2018.4.12f1だったので、藁にもすがる思いでダウングレードを実行し、再アップロードを試しました。そしてQuest内VRChat画面で確認してみると…表示されていました!運営ありがとう!

 

具体的な解決策は?

先ほどさらっと書きましたが、流れとしては以下の感じです。

Unityの旧バージョンをインストール

 

そのバージョンのUnityでプロジェクトを展開し、再アップロード

 

Unityの2017.4.28f1をインストール

f:id:kapiokayakku:20191123232851p:plain

 

 

Powerful 2D, 3D, VR, & AR software for cross-platform development of games and mobile apps.で、Individualを選択します。

 

f:id:kapiokayakku:20191123232911p:plain

「Older version of unity」(日本語なら”古いバージョンのUnity”)を選択

 

f:id:kapiokayakku:20191123232930p:plain

 

「2017.4.28」の「Unity Hub」を選択。

 

f:id:kapiokayakku:20191123233410p:plain

Quest向けにアップロードしたいプロジェクトのUnityバージョンの設定を「Unity 2017.4.28」に変更し、立ち上げる。

 

バックアップを必ず取ること!!!私は取り忘れていてそのあと困りました!

 

立ち上げると、恐らくプレハブなどが何もないシーンが現れると思いますが、バックアップしたファイルを立ち上げると元に戻っている…そうです。

 

あとはここまで辿り着いた皆さんなら大丈夫ですね。

 

まとめ

今回の記事で大事なポイントは、

 

Quest向けワールドが表示されない場合、Unityのバージョンを見直してみよう!

 

でした。

 

この記事で足りない部分は是非Google検索で補って下さい。ですが、Unityのバージョンの件に関してはおそらくこの記事以外には情報がありません。

 

最後に一言、バックアップは必ず取りましょう。取ってなかったせいでワールド作り直しを強いられることになったので。

 

 

kapiokayakku.hatenablog.com

kapiokayakku.hatenablog.com

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です