「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」2話 感想 ~「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を記念して。

 

こんにちは!

 

暁佳奈のライトノベル原作のアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の2話を視聴したので、その感想を書いていきたいと思います。

 

 

【目次】

 

 

 

2話のざっくりとした流れ

冒頭部分は、いきなり4年前の回想から始まります。

 

ギルベルト少佐は、彼の兄の家に呼ばれ、そこで「贈り物がある」と言われます。

その中身がヴァイオレッでした。

 

兄は、「武器として扱え、情けもかけるな。」と冷酷な一言を言い放ちます。

 

 

そして舞台は現在へ。

 

早速自動手記人形として働き始めるヴァイオレットだったが、彼女の同僚である自信家のアイリス、少し内気なメガネの少女、エリカの眼には彼女が明らかに自動手記人形に向いていないように映るのでした。

 

 

そんな中、C.H郵便社にある依頼人がやってきます。

 

彼女は、ある男性からラブレターを貰い、それに対して返事の手紙をタイプしてほしいと依頼します。

 

彼女は表向きは強がっているのですが、言葉の端々からは本当はその男性に好意を寄せていることが読み取れるのでした。

 

彼女の、「愛してる」という言葉を耳にしたヴァイオレットは、その依頼を引き受けます。

 

そして、しばらくした後、その依頼主が激怒して郵便社に乗り込んでくるのでした。

 

依頼主は本当はラブレターの男性に好意を寄せていたのですが、返事の手紙はあまりにもその意図とはかけ離れていたのです。

 

カトレアがなんとかその場を収めたものの、アイリスのヴァイオレットに対する不満は絶頂に達してしまい、ホッジンズ社長に彼女をやめさせるよう直談判します。

 

 

カトレアとともに喫茶店に座るヴァイオレット、彼女は、今回の依頼主が激怒していた理由が全く分からないということをカトレアに伝えます。

 

カトレアは、「人の感情は裏腹である」ということを優しくヴァイオレットに伝えるのでした。

 

 

雨に濡れながら一人で会社に戻ったヴァイオレットを見て、エリカが駆けつけます。

 

ヴァイオレットはエリカに、「自分は自動手記人形には向いていないのか」と聞きます。

 

エリカは、「向いてない、そもそもなぜこの仕事をやろうと思ったの?」と尋ねます。

 

するとヴァイオレットは、「「愛してる」の意味を知りたいから」と本当の目的を伝えます。

 

何かに動かされたかのような顔をするエリカ。

 

ちょうどヴァイオレットのことについて話していたアイリスに対し、「やめさせることはない、彼女はタイプ速いし、宛名業務なら出来る。それにこれから伸びる。」ということを言い、アイリスは言葉をこらえるのでした。

 

場面は変わり、ヴァイオレットは何やら着付けをされているようです。

 

ここで表紙回収、ヴァイオレットは新たにドレスに身を包み立ち上がるのでした。

 

そして、ホッジンズが木箱を渡します。「プレゼント」と。

 

箱の中身を開けると、それは少佐からもらったブローチでした。

 

ヴァイオレットは目に涙を浮かべます。部屋の皆からは温かい視線が彼女に向けられました。

 

 

最終場面のバーで、ホッジンズはカトレアに、ブローチを彼女にあげたのはギルベルト少佐であること、そして少佐はもう戻らないということを伝えるのでした。

 

 

感想

いやー、今回も最高でした

作画のおかげもあり、全てが見せ所!

興行収入1000億ぐらいの映画を見せられている気分でした!

 

 

最初のほうで、同僚の一人が、「あんな女の子が戦争に?」という場面がありますが、やはりこの時代の人たちは常識的な価値観を持っているようですね。

 

だって普通に考えたらおかしいですもん、もし徴兵システムによって駆り出されていたのなら神経疑いますよね!

 

まぁそもそもなぜヴァイオレットが「武器」として扱われるほどの戦闘能力を持っていたのかというところも気になりますが…

 

 

 

ヴァイオレットちゃん、早々やらかしちゃいましたね……

 

でも、戦争しか知らず、恋愛も人付き合いも勉強してこなかった少女にいきなり言葉の裏を読めってのはだいぶ無理がありますからね。

そこらへんもこれから成長していってくれるのでしょう!

 

 

終盤のブローチのシーン、

 

 

いきなり泣かせに来すぎだろ…!

 

 

 

普段アニメであまり泣かない私ですが、あの場面のヴァイオレットちゃんの顔みたら誰でも泣くっつーの!!

 

 

平時は仏頂面かましてるヴァイオレットだからこそ、あの表情の変化はグッときますね。

 

 

今のところ、シュタゲやまどマギみたいな設定的インパクトはあまり感じませんが、描写がすごく上手でほんとすごいなって思います。

 

なんか、久々に神アニメの予感がします、これからもどんどん書いていくのでもし良ければ見てください!

 

以上、「 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」2話 感想 ~「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を記念して。 」でした!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です