【大学生貯金=自己投資】大学生の貯金は必要だが目的が大事。貯金は自己投資に捧げよ!

f:id:kapiokayakku:20191225204806p:plain

こんにちは、LLENN(@LLENNblog)です!

 

大学生の皆さん、キャンパスライフを楽しんでいますか?

一生に一度しか無い大学生活、楽しまなきゃ損ですよね。ですが、遊びつつもしっかりと将来のことを考えておかないと後々大変なことになるので気をつけましょう。

 

特に、お金に関しては将来にも繋がってくるので真剣に考えたいところですよね!

 

今回あなたがが抱えてきた悩みは、

 

・大学生は貯金をするべきなのか?

 

もしくはそれに類する悩みですか?

 

結論から申し上げますと、

大学生は貯金をするべき

です。

ただし、「何のためか」を考えた上でするべきです。

 

その理由と貯金に対するマインドの持ち方を現役大学生が論理的に説明していきます。

 

 

大学生全員が無闇に貯金すればいいのではない

f:id:kapiokayakku:20191225204914j:plain

大学生は、どうしてもお金を過剰に使いすぎてしまう傾向にあります。そんな中「貯金するぞ」という発想に至ること自体は素晴らしいことなのですが、「目的を考えよう」というのが筆者の立場です。

 

ある人物設定を作成します。

大学生で、アルバイトは塾講師、月給7万程度が約束されているそこそこのバイトであるが、ファストブランドの服を買う程度のもの以外に本人にやりたいことは特にない。
 

という設定の人物を想定してください。

 

彼はネットで読んだ記事「大学生の貯金のススメ!」(仮)を読み、貯金をする気になると、極論に走って「俺はこれから月5000円しか使わないぞ!」と意気込んでしまいました。全くもっておすすめされた貯金法ではないですね。

 

「5000円も大金だぞ。」といった議論は一旦置いておいて、アルバイトに従事している大学生なら、5000円なんて服一着か友人とのお出かけ一回ぐらいであっという間に消費してしまうことでしょう。

 

例えば彼が「半年後、イタリアに三週間旅行に行きたい!」という目的があったらどうでしょうか。(月給7万-5千円)×6ヶ月=39万円と、イタリア旅行にかかる35万円をカバーできるだけの貯金が可能になりますね。これが「賢い貯金」と言えます。

 

大事なのは

 

目的を持って貯金する

 

ことです。

 

貯金に対するマインドの在り方(自己投資)

f:id:kapiokayakku:20191225205040j:plain

一口に貯金をすると言っても動機は様々です。持論を強要するつもりは毛頭ありません。ですが、貯金をする目的として相応しいものがあります。それは「自己投資」です。

 

大学生のお金の使い道について調査した統計を見つけたので引用させていただきます。

f:id:kapiokayakku:20191225182209j:plain

”t-news「徹底調査!大学生は何にお金を使っているのか!?」渡邉 https://www.tnews.jp/entries/355”より

このデータによると、大学生の主な支出二位は「娯楽・交際費」、四位は「洋服代」となっています(一位と三位は生活必須レベルなので考慮しない)。

 

この二つは、いずれも自己投資とは言えません。むしろこの中で自己投資と呼べるのは「書籍購入費」や「旅行代」ぐらいでしょう。

 

いずれもかなり下位のランクインとなっていることが読み取れますね。

 

先ほど例に設定した大学生(イタリア旅行を夢見る方)は、自分の希望を叶えるため、月6万5千円もの貯金を決意しています。

 

イタリア旅行は自分が実際に足を運び、世界の食事や文化を経験値として学べる点において、自己投資と言えます。

 

大学生は

 

・今後過激化していく就活戦争に備える

・スキルを磨く

・=ビジネスや起業という選択肢も視野に入る

 

という点で「自己投資」を積極的に行う必要があります。企業に依存する時代は終了し、これからは「個人のスキル」で勝負していかなければ生きていけない時代へと突入するのです。

 

企業も積極的にスキル重視の方向に動いてきており、「本当に採用してうちの会社にメリットがあるのか?」という観点から採用が行われています。

 

中高学歴が何もしなくても内定をもらえるという学歴神話は消え去りつつあるのです。 

 

そんな時勢を感知できずに、国公立大学卒の高学歴就活生が就活に失敗した、という話は最近よく耳にしますね。

 

具体的に自己投資にはどんなものがあるのかをここに数例リストアップします。

プログラミング

資格(TOEIC)

旅行

恋愛

書籍

それぞれについての説明はこの記事の趣旨から外れるので割愛しますが、特に一番上のプログラミングは良く目にすることでしょう。TOEICに関してはもはや必須レベルとなってきており、英語を使用する機会の多い企業であれば800点以上が必要と言われています。

 

・プログラミングの将来性については以下の記事に詳しくまとめています。

≫大学生がプログラミングを今からやるのは遅い?【結論:遅くない|理由は2つ】

 

 

やはりこのような自己投資を行う上で欠かせないのが「お金」です。例えば、旅行に行くなら半年、もしくは一年プランで貯金を行い、万全の体制を整えるといったことが必要になります。

 

自己投資に使うなら貯金はしなくても良い

正直、「自己投資に使うなら貯金はしなくても良い」と言い切ると、筆者が相当な詭弁を弄しているような感覚を持たれると思いますが、そうでない理由を以下に述べます。

 

前章と主張が噛み合っていないように見えるかもしれませんが、流れとしては

・自己投資のために貯金をする

・その貯金を自己投資に使う

このループの繰り返しです。

 

卒業時に何万円貯金した、という貯金では無いので誤解無きよう。

 

はっきり言って、あなたがもし今大学生なら、あなたのその貯金は自己投資に全て費やしても問題ありません

 

以下にマイナビの調査結果を引用させていただきます。

”マイナビの調査では一年で貯金できた年間貯金額のトップは「25万円」でした。そして驚きなのが約4人に1人は100万円以上を貯金できているような結果が出ているようです。

下記がその結果になりますが、
1位 25万円 20.3%
2位 50万円 18.9%
3位 0円 18.9%
3位 100万円 18.3%
4位 75万円 8.3%
5位 150万円 5.0%

意外と100万円を貯めれている人が多いような気がするのは、気のせいでしょうか。 やはり1年で貯金する金額が多い人ほどしっかりと計画的に貯金が出来ているようです。”

キャリアパーク!転職「社会人1~3年目の年間貯金額と効率的に貯める方法」https://careerpark.jp/14210 より

 「0円」は少しマズいですが、基本的に社会人1~3年目の年間貯金額は50~100万円付近に分布していることが分かりますね。

 

大学生で年間でそれだけ貯めようと思うと、相当バイトを頑張るか副収入がないと厳しいですよね(実は筆者は大学一回生の冬にして40万円を貯金できたのですが、その方法についてはまた記事にします。)

 

この調査データから分かることは、「社会人になれば一気に貯金が可能である」ということです。大学生がかなり貯金を頑張っても筆者のように年間40万なのですから、如何に社会人が貯金という行為に対して大学生より優位であるかが分かります。そして、ここから導き出される今回の記事の結論は以下のようになります。

 

大学生は自己投資のために貯金をするべき

 

自己投資のために貯めたお金は自己投資に使うべき

 

大学生が他のどの身分(ニート除く)よりも多く持っている資源、それは「時間」です。

 

社会人になって働き出すと、貯金は出来ても自己投資(勉強や旅行)に費やす時間は限られるようになります。「今できることを全力でやる」という考え方に則れば、やはり大学生にとっては自己投資が最も有用です。

 

おすすめの自己投資は「プログラミング」

f:id:kapiokayakku:20191212202911j:plain

筆者が自己投資の中で最もおすすめするのが「プログラミング」です。

 

経済産業省によると、2019年現在IT人材の不足は深刻で、現在約92万人のIT人材がいる中で、約17万人が不足しているそうです。さらに、2030年には約79万人の不足が見込まれており、プログラミングが出来るエンジニアを始めとしたIT人材市場の需要は拡大していくであろうことが読み取れると思います。

 

プログラミングは、特に時間のある文系大学生におすすめで、何もスキルが無く焦っている人は、是非とも身につけたほうが良い、いや、身に着けるべきスキルだと言えます。実際、FaceBookの元役員も

プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。

と言っています。

 

しかし、やはりプログラミングを独学で学ぶのは困難といえます。

「将来のためにプログラミングを学習したい…」という動機なら、オンラインスクールの受講をおすすめします。その動機自体は悪いものではなく、むしろ将来を見通せている証拠なので、その動機を持てた自分を褒めてあげて下さい!

 

プログラミングスクールで私がおすすめするのが、TechAcademy [テックアカデミー] です。理由は3万人を超える受講者がいるという実績があるからです。

 

このスクールはオンライン形式で、受講生には一人ひとりにプロのメンターが付いてくれます。さらにはチャットで質問すれば自動で回答が返ってくるので、自宅にいながらスクールさながらの学習が可能です。

 

最短4週間で未経験からプロレベルまで成長することが可能なため、プログラミングの将来性に早くから気づいた学生も多く受講しています。

 

取り扱いコースも、

Pythonコース

WordPressコース

Javaエンジニアコース

を始めとした幅広いコースを取り扱っており、自分の希望に合ったフレキシブルな学習を実現できます。

 

少しでも今の自分を変えたい、暇な間にスキルを身につけておきたい、けどいきなりお金は払いたくない!と思う方は、ぜひ一度、TechAcademy 無料体験 を受けてみることをおすすめします。

 

「ブログ」という選択肢もあり

プログラミングよりおすすめなのは、ブログですね。

 

なぜかと言いますと、ブログは長い目で見ると、爆発的に稼げる可能性があるからですね。その上、初期投資がほぼゼロ。

 

こう書くと怪しいので、なぜ稼げるのか、そして、実際にどうやって稼ぐのかをまとめた記事を載せておきます。この出会いは、人生を変えるかもしれませんよ?

 

www.llennblog.com

 

 まとめ

今回の記事では、主に「自己投資」に貯金を捧げる有用性について書きましたが、本当にこれからの時代はスキル重視になっていくことが予想されるので、自分の糧となることに積極的にチャレンジすることは人生を生き抜く一番の近道と言えます。

 

一番怖いのが、何もせずに大学生活を終えてしまうことです。あなたに行動力がないのではありません。本当に何が必要かの知識が無いだけなのです。

 

迷っている暇があったら行動しましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。以上、LLENN(@LLENNblog)がお送りしました!

 

※ブログを始める際に読んでおいてほしい記事

≫大学生が趣味でブログを書くのは、かなりコスパがいい件【始め方付き】

 

※プログラミング学習の始め方

≫ 大学生がプログラミングを始める方法【4つあります|とりあえずこれ読めばOK】

 

人気記事

≫プログラミングスクールのおすすめ3つはこれだけです。【無料体験|無料カウンセリングあり】

 

≫大学生がプログラミングを始める方法【4つあります|とりあえずこれ読めばOK】

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です